高血圧治療薬、ミカルディスについて

ミカルディスは高血圧の治療薬です。高血圧治療にはいくつもの治療薬がありますが、その中でも比較的副作用が少なく、その他にも優れた点があるので長期的に服用することが出来るお薬です。
ミカルディスが作用するメカニズムは、血管の中にあるアンジオテンシン受容体にくっつくという事です。この受容体は、本来はアンジオテンシンⅡという物質がくっつく事で血管の収縮作用が起こします。血管が収縮すれば血圧が上昇します。
ミカルディスが先にこの受容体にくっつく事によってアンジオテンシンⅡがくっつく事を阻害して血圧の上昇を防ぐのです。
アンジオテンシンⅡという物質は、健康な人の場合には血圧が低い事を腎臓が感知した時にだけ分泌されるのですが、高血圧の人ではほとんど常時分泌される状態になっていて、これが高血圧を引き起こしています。
そのため、ミカルディスが高血圧治療に有効なのです。ミカルディスが優れている点は、その効果が長く持続する点にもあります。効果の持続時間は20時間ですから、一日一回の服用で済みます。
血圧は一日のうちで大きく変動しますから、常に血圧を下げた状態を維持しておく事が重要です。その点、持続性のあるミカルディスは有効な薬です。
高血圧治療の薬には、肝臓に負担がかかるものと腎臓に負担がかかるものがありますが、ミカルディスはどちらかというと肝臓に負担がかかる薬です。そのため腎機能障害を持つ人に対して処方しやすい薬です。
ミカルディスの副作用としては高血圧治療薬全般と同じく血圧低下による頭痛やめまいなどが挙げられます。また体の各部位で血管が浮腫を起こす場合があります。具体的には唇や舌、喉の晴れなどの症状が出る場合があります。
肝臓に負担をかけやすいので、肝機能障害のある人には使用してはいけません。腎機能障害のある方には使用できますが、一時的に腎機能が悪化する場合もありますので、慎重に使用する必要があります。
ミカルディスは処方箋薬なので、国内では医師の処方箋がないと購入する事が出来ません。しかし通販でも購入する事は可能です。これはミカルディスが海外の医薬品でもあるため、個人輸入という形であれば海外から購入できるからです。
ミカルディスは錠剤タイプで販売されています。配合量によって20mgと40mg、80mgの3種類があります。一日に服用できるのは80mgまでとなっています。
気になるミカルディスの価格ですが、個人輸入だと代行業者によって価格に差がありますが、80mgの28錠入りで約5000円前後になります。またミカルディスのジェネリック薬としてクレサーという薬があります。
こちらも通販で個人輸入が可能です。こちらになると同じく80mgタイプが30錠で価格は4000円ほどになります。大幅には下がりませんが、2割程度はお得になります。
通販による個人輸入の利点は、必要な時に必要なだけ購入する事が出来るという点です。ミカルディスは国内では処方箋薬ですので、必ず通院して処方箋を書いてもらわなければ購入出来ません。
仕事や家事などで忙しく、歩行が困難でなかなか通院が出来ないとい人にとっては、個人輸入通販は非常に便利です。普段からミカルディスを処方されていて、通院が困難な時のために予備を個人輸入しておくなどの使い方も可能です。
出張や転勤などで今までの病院に行けなくなった時などに通販を利用するといいでしょう。ミカルディスのジェネリック薬の中には日本では未承認のものもありますので、医療費を安く上げるために利用するのもいいでしょう。
ただ、今までミカルディスを使った事がない人がいきなり通販の個人輸入でミカルディスやそのジェネリック薬を入手するのは、用量用法が確認出来ないので注意が必要です。
個人輸入の薬の使用はあくまで本人の責任になってしまう事を理解して慎重に利用してください。

おすすめの医薬品通販サイト

ミカルディスは通販で購入も可能です。あんしん通販薬局は運営期間も長く、もちろん偽造品の販売は行なっていない優良サイトです。
ミカルディスの購入ならあんしん通販薬局

ページトップへ