坂戸市のNPO法人と初期症状の肺高血圧症と降圧治療

高血圧はその原因がはっきりとしている場合には二次性高血圧と分類され、その原因治療が基本的な治療方針となります。長期に渡る治療が必要とされる場合や血圧が高いことによる症状が問題となっている場合には降圧治療も並行して行われていくことになります。しかし、生活習慣が原因であることが典型的な本態性高血圧とは異なり、二次性高血圧の場合には降圧治療すら一筋縄ではないこともよくあります。坂戸市にNPO法人もある肺高血圧症はその代表的なものの一つです。肺高血圧症では肺動脈の閉塞や狭窄が問題となっており、それが原因で高血圧が生じています。原因も不明で確立された治療法もないことから難病に指定されています。比較的初期の症状として顔のむくみや下肢のむくみ、食欲不振などが生じることが多いものの、それだけで肺高血圧症であると判断するのは難しいものです。むくみなどの症状から肺高血圧症であることが疑われた場合には最終的には右心系カテーテル検査が行われて確定診断がなされていくことになります。肺高血圧症には治療の困難さがあるため、坂戸市にあるNPO法人のように患者やその研究に取り組む人達が集まる法人団体が設立されて積極的な取り組みが展開されてきているのが実情です。坂戸市にあるNPO法人では病態や治療に関する情報発信やセミナーの開催による教育活動を重視した活動を展開してきており、これにより肺動脈性肺高血圧症に苦しむ人達の手助けをしようと日々努力を重ねています。数々の降圧治療法が開発されてきた結果、根治は難しくても血圧管理がようやくできるようになってきた段階にあるのが肺高血圧症の治療であり、根本治療に至る方法が模索されている段階にあります。

ページトップへ